―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

e-探偵事務所料金ガイド

トップページ >

ページの先頭へ

GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所

GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に忍ばせ、行動を常時監視し続け、現在地を把握したり、記録されたデータを後で読み出し様々な分析をすることも可能です。あまり、車を運転しない人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。

それによって、相手が行った場所や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。探偵の特徴としては、怪しいと思われることを避けるためにきめ細かく配慮しながら地味にコツコツと調査していきますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に自分の所属を明かしてオープンなやり方で情報を集めるようです。


探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、対象についての情報収集は興信所が上手いと、おおまかには考えられます。
日頃、相手の生活している様子を注意しながらみることは他人に頼まなくてもできますが、言い逃れのできないような浮気の証拠を押さえるためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方が安全、安心です。

そして、探偵に頼むという事は、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。例え、配偶者が浮気している場合でも別れたくなければ昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはするべきではありません。
浮気の事実を突き止められると妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、別れなければいけなくなってしまうかもしれません。



しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。浮気の事実関係を委託調査する際には、支払う料金が低過ぎたり、 高料金に設定されている事務所ではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵会社を選択するのが良いでしょう。そして、業者として届け出をしっかり行っているのか事前調査が必要です。
違法調査を実施しているところへは委託しない方がよいでしょう。浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。

カーナビにある履歴を確認し、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられます。見たことのないとこをの履歴を発見した場合注意が必要です。

そして、しばしばもしもガソリンが入れられていたら、車で会っているかもしれません。配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気の証拠を把握することもできるでしょう。

いつもなら立ち寄らないようなコンビニの領収書をほぼ毎回目にすることが多くなったら、その近辺に普段から赴いている事になります。そこで見続けていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠が掴めます。
なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に当たり前のように使われるからです。



最近はメール、LINEで連絡をことも増えていますが、好意を持つ相手の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。

ですから、空き時間に電話することは十分考えられます。



どのような行為をしているか記すことで浮気の決定的な証拠をつかむこともあります。



日々の人間の行動には、ほぼ決まりができるものです。

けれども、浮気をすると、動きの法則性が変化してきます。変わった曜日や時間帯を特定することができたら、行動を注意深く見ることで、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。



 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分自身で買えるのかと言われたら買うことができるのです。
通常は、追跡グッズはGPS端末を用いることが多いのですが、これは誰でもインターネットなどで購入可能です。
車両に載せてあるGPS端末というのは、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。

まず探偵に関して言うと、怪しいと思われることを避け

まず探偵に関して言うと、怪しいと思われることを避けるために充分すぎる注意を払って根気よく調べていきますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、興信所から来たことを明かしてオープンなやり方で情報を集めるようです。すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると結論できそうです。
どうしても探偵を雇うと料金が高いので、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、予想外の出来事が出てくるのが実際で相手に悟られず尾行をするのは想像以上に難しいはずです。
相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。誤魔化せない証拠を掴みたいなら、プロに浮気調査をお願いするべきです。
配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気を確定することもできるかもしれません。
いつもなら立ち寄らないようなよくコンビニエンスストアのレシートを見かけるようになったら、その周辺に普段から行っている事になります。
そこで見続けていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調査期間は短くなりますので、調査代金はその分安くなるのです。そうはいっても、浮気をしているときが気づいている場合でも、顔見知りにいって写真を撮るようにすると、成功することはほぼないはずです。気づかれずに写真撮影を行うには探偵を雇うのが賢明でしょう。



不倫に関する問題を相談するなら弁護士に相談することをオススメします。

婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのかまず考えてから相談するといいでしょう。



もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。相談者が女性の場合、近所の奥さんや友人に相談してしまう人もかなり多いですが、後で噂になりたくないなら、相談しないようにしましょう。

探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が発見された時、別れるべきか否か心が乱れますよね。

ひとまず冷静になって、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、結婚生活を解消するのもいいでしょう。


カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。カーナビ上の履歴を見ることで、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられます。
見たことのないとこをの履歴を発見した場合注意する必要があります。それに加えて、よくもしガソリンを入れていたら、車によりデートしている可能性があるかもしれません。不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。


離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、額は少なくなります。また、不倫の相手が不倫を認めない時には必要なのは証拠です。



第三者からみても明白な不倫の証拠が必要です。探偵に浮気の調査を要請して、歴然とした証拠が発見されれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。



パートナーが信用できなくなってしまうと死ぬまで一緒にいるとなるとそのストレスはかなりのものになりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。
それと、原因となった不倫相手に慰謝料の支払いが課せられれば二人が別れることは間違いないでしょう。探偵が行う浮気調査でも毎回成功するとは限らないでしょう。探偵が浮気調査に精通しているといっても、思わぬミスをすることが全くないとは言えません。
調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行がばれることもあるでしょう。また、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠写真も撮れません。



メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 e-探偵事務所料金ガイド All rights reserved.